複数の低用量ピルとヤスミンを持ってる女性

低用量ピルとその他のピルの違い

今の時代、性交渉で心配される避妊について、いろいろな方法が知られるようになっています。日本の社会において、今まで主流であった男性のコンドームのほかにも女性が自分でできる避妊方法として、ピルの服用というのもメジャーになりつつあるのです。
経口避妊薬である低用量ピルは、高い避妊効果があるということで注目を集めるようになっています。しかし、これは正しい服用をすることでほぼ100%に近い成功率であるというものであり、飲み忘れなどがあると失敗してしまうこともあるのです。ですから、毎日しっかりと服用するという習慣を付けるようにしたほうがいいのです。
低用量ピルというのは、ホルモン剤の入っている錠剤を飲み続けることによってホルモンバランスを整えて、排卵を抑える作用をしてくれるので、卵子と精子が体内で出会うことがないというしくみで避妊できるのです。28日間を生理周期として整えることによって、避妊効果のほかにも生理不順の改善や排卵痛や生理痛の緩和にも役立つのです。
ピルには中用量のものもあって、緊急用として使われたりもします。中用量ピルというのは性交渉のあとに妊娠をしてしまったかもしれないという場合に服用することで、できてしまった受精卵を子宮内に着床させない働きをするのです。これには時間的な制限があって、通常性交渉のあとの72時間以内に服用することで成功率が高まるのです。ですから、すぐに産婦人科などの医療機関を受診する必要があるのです。
低用量ピルというのは、普段から毎日飲み続けることで効果のあるものであって、中用量ピルというのは事後に服用する避妊薬になるのです。飲み方や使い方にも違いがあるので、知っておくといいでしょう。

■低用量ピルの使い方や値段をしっかり確認
トリキュラー値段