• 低用量ピル使用時の基礎体温と血栓症のリスク

    2016年12月9日

    今すぐ妊娠を望まない場合には、低用量ピルを服用することで排卵を抑え避妊することができます。低用量ピルは、1日に1錠決まった時間に服用することで、体内の女性ホルモンの量を一定に保つ薬です。通常は3週間飲み続け、その後1週間飲むのをお休みします。この間に生理が起こります。この繰り返しです。低用量ピルは経...

    記事の続きを読む