• 日本での低用量ピルの普及率と黄体期について

    2016年9月25日

    低用量ピルとは、避妊や月経前症候群(PMS)の軽減、生理周期を安定させるなどの目的で使用されます。以前は、ホルモン量の多いピルが主流で、血栓症や心筋梗塞、乳がんなどの重大な副作用が心配されていましたが、低用量ピルの場合は特に心配のいらないまでにリスクが減りました。また、太るということも言われています...

    記事の続きを読む