複数の低用量ピルとヤスミンを持ってる女性

低用量ピルの構造と健康への影響について

低用量ピルと言えば、避妊への高い効果を持つ薬として知られています。ですが避妊の効果以外にも、月経困難症や月経前症候群の辛さを軽減する等の効果も持っているものです。そのため、妊娠へのリスクを軽減するという目的以外にも、服用する事があります。
そんな低用量ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが含まれる構造となっているのです。もっとも女性ホルモンを含んだ薬を服用すれば、逆に排卵活動を活発化してしまうのでは、と疑問に思うかもしれません。ですが低用量ピルで女性ホルモンを体内に入れる事で、女性の身体の周期をコントロールしている脳下垂体に、身体の中に十分な女性ホルモンがあると判断させる事が出来ます。その結果、卵巣がお休みして排卵が抑えられるので、避妊効果を得る事が可能です。
実際、低用量ピルを正しく服用すれば100パーセントに近い形で避妊効果を得る事が出来ます。なので妊娠を避けたいのならば、正しい用法で使用し続ける事が大事です。
ですが低用量ピルを使用し続けるとなると、気になるのが健康への影響だったりします。というのも使用し続ける事で、発がんリスクが高まるという噂も存在しているからです。そして実際に、子宮頸がんは服用を長く続けている人は、そうでない人に比べて、発症率が2倍というデータも存在しています。もっともこれは、低用量ピルが直接、がんを引き起こしている訳ではなく、ピルを飲む事でコンドームを使用せずに性交渉を行ってしまう事も、大きく影響していると考えられているのです。
ただしデータの上では、子宮頸がんの発症率が高まっているのも、事実だと言えます。なので低用量ピルを服用している女性は、リスクを考慮し、定期的に検診を受ける様にすべきです。